高校留学いろは

卒業後の進路を考える~日本帰国か海外カレッジ・大学進学か~

高校留学した後の進路は?



高校留学をして、その後に卒業した後の進路って考えたことありますか?

高校留学のカウンセリングの際に、誰しも心配して必ず出てくる

「高校卒業後の進路」に関するお話。

日本国内の大学を目指す場合でも、海外大学進学にチャレンジする場合でも、

高校留学をすれば有利な点がたくさんあります。

海外の高校へ卒業目的で留学して、無事卒業した後には

日本国内の大学に「帰国生枠」を利用した出願ができるようになります。

認定留学を経験していれば、「AO入試」を利用して出願し、

留学中に身に着けた語学力を活かして受験に望むことが可能。

海外の高校を卒業した後に、海外大学留学を目指すなら、

語学力だけでなく、高校留学で身につけた「勉強方法」が大いに役立ちます。

日本の高校卒業後に海外大学を目指す際に大きな壁になる「語学力」。

その語学力も、認定留学をしていれば、高校卒業後にクリアできる可能性大。

ただ、高校留学をして卒業した後に各学校へ出願するには

知っておくべきポイントがあります。


卒業後、昨日の進路に進むためにも是非、最後までお付き合いください。

日本に帰国、卒業後に国内進学を考えるなら



海外の高校を卒業した後、または認定留学を経験して日本の高校を卒業した後に

「日本の大学へ進みたい」場合、大学に出願するとき2つの選択肢が選べます。

それが帰国生枠入試とAO入試、聞いたことありませんか?

高校留学をしたら選べるこの2つの出願方法、よくご質問いただく内容でもあります。

以下に細かく説明していきます。

高校留学をした後に卒業後、「日本国内進学」を考えているなら必読です!

1.帰国生枠入試

海外の中学・高校で勉強した後、日本に帰国した人が利用できる出願枠です。

「帰国生」ってどんな人でしょうか?

夏休みの短期留学後、日本に帰国した人も「帰国生」になるのでしょうか?

その『定義』を見てみましょう。

※帰国生とは?※
保護者の海外赴任や、単身渡航で学齢期に海外の学校で教育を受けた人
※学齢期とは小学校~高校に通う年齢を指します。

→夏休み・冬休みの「語学学校のプログラム」参加後に「日本に帰国した人」は対象外です。

現地の小学校~高校で授業参加するコースではありませんから。


それでは「認定留学」の場合はどうでしょうか。

「学期」または「1年間」という限られた時間での留学となりますが…

→-希望する日本の大学の受験要項に「2年以上」または「3年以上」といった期間

明記されており、条件を満たす必要があります。

具体例として、海外の高校に卒業目的での留学した後、または認定留学を経験して日本の高校を卒業する場合に、日本で上智大学を目指すパターンで考えてみましょう。

上智大学を選んだ理由ですが、帰国生の入学者数が多いこと、後で紹介するAO入試(公募制)もあること。

くわえて私自身、高校留学についてカウンセリングをしてきた中で日本国内の進学先として上智大学の問合せが多かったから、ですね。

海外の高校に留学した場合の「帰国生枠(海外就学経験者)」条件は以下。

  • 1.日本国籍を有し、国内外を問わず12年以上の学校教育課程を修了した者
    (2018年3 月までに修了見込みを含む)
  • 2.外国の教育制度に基づく教育課程での在籍期間が、(A)または(B)のいずれかに該当する者。
  • (A).中・高等学校を通じ2年以上継続して在籍した者
  • (B).高等学校の最終学年を含め、中学・高等学校を通じ通算で2年以上在籍した者
    (見込みを含む)

“1”は日本国籍を持ち、小学校から高校までの勉強をした人、ということなので留学経験は関係ありません。

“2”がポイントとなっています。

  1. 海外の中学または高校に、2年間続けて在籍したことがある人
  2. 海外の高校を卒業するための最後の1年間と、その他に海外の中学または高校で1年以上、
    通ったことがある人

例えば中学の間に1年間、その後日本に帰国し、高校最後の1年間を海外の高校で卒業、合計2年間でも良いようにとも受け取れますが、これは実質的に「不可能」

なぜなら海外の高校卒業資格条件を1年で満たすことが非常に難しく、現実的ではないから。

その他には、語学力(学部ごとに異なります)が求められますね。

上智大学で最も人気が高い法学部で、国際関係法を学びたい場合、英検準1級以上、TOEFLiBT72以上または、IELTSなら5.5以上が必要とあります。卒業目的で海外の高校に留学していれば問題ないレベルです。

これらの条件を満たしていれば、面接と小論文(国際関係法の基礎学力確認)で入試が行われます。

注意が必要なのは「法学という専門分野に関する日本語での小論文」対策、日本語の関連書籍をたくさん読んでおく必要がありますね。

卒業目的で高校留学をして無事、卒業できた後はこの「帰国生枠」が利用できるメリットがあります。

求められる語学力要件はクリアできるはずですし、学部ごとの日本語での小論文および面接対策さえしておけば、合格がぐっと近づき、日本に帰国後は楽しい大学生活が待っています。

2.AO入試


高校卒業後に日本国内の私立大学を目指す多くの高校生が利用するAO入試ですが、簡単に内容から見ておきましょう。

※AO入試とは?※
Admissions Office(AO)入試とは、一般の学科入試とは違い、出願者と大学側が求める人材像とが一致しているかどうかで決まる入試方法です。

内申書などの必要書類の提出と、日本語での小論文、面接試験があります。

帰国生枠で説明した上智大学では、公募制推薦入試がこれに該当しますね。

同じく法学部、国際関係法で学ぶためにはAO入試に際して何が必要なのでしょう。

公募制推薦では、日本の高校の成績(評定平均値)が4.0以上であること、かつ語学力が大学の求めるレベル以上(帰国生枠と同じ語学力)であることが条件。

日本の高校で認定留学を経験した後に出願を希望する場合、帰国生枠の条件は該当しないものの、AO入試なら「留学した利点」が明確になります

まず、認定留学中に英語をちゃんと身につけていれば、語学力要件はクリアできるはず。

加えて、海外の高校の授業が日本と違い、厳しく積極的でなければならないことを学んだ後なら、日本の高校の成績もおのずと良いものになっています、よね?

1学期だけの認定留学後では厳しいかもしれませんが、1年間の認定留学後なら十分に狙える範囲ですよ。

卒業目的の海外留学との違いは、日本にいるので小論文、面接対策は学校の先生にお願いできますね。

海外の高校卒業後の帰国生枠、日本の高校を卒業した後のAO入試枠、出願に共通している注意点として、英語スコアの提出がありました。

英検やTOEFL、IELTSの受験日およびスコア発表までの日にちを調べて、できるだけ早めに受験しておきましょう。

海外の高校に卒業目的で留学するなら、日本の家族と連絡をしっかり取って帰国生枠入試に関する情報を早めに入手しておくことも大切です。

日本の大学が毎年、必ず同じ条件で出願できるかどうか、何の確約もありませんから。

高校留学経験後に、高校を卒業して「日本国内の大学進学を希望する場合」のポイントのまとめです。

  1. 帰国生枠狙いの卒業目的留学なら、日本の家族と連携、早めに出願要項を取得する
  2. 英語力だけじゃダメ!日本語で小論文や面接対策もしっかりしておくこと
  3. 出来るだけ早いタイミングで英語資格・スコア試験を受験しておくこと

これらをしっかり覚えておきましょう。

これで高校卒業後に「日本国内への進学を希望」する場合の案内は終わりにします、次は卒業後に「海外進学を目指す」場合をみてみます。




高校留学からカレッジ・大学進学留学へ



海外の高校で勉強した後、卒業後に海外の大学に進学を希望する人も増えています。

高校生の間に認定留学、または卒業目的の高校留学をした後、を目指すとどんな選択肢があるでしょうか。

高校卒業後に海外進学を考える場合、まず海外の大学の入試にはいわゆる「入学テスト」がない、ということを知っておく必要があります。

テストの点数でないなら、入試の合否は何で決まるのでしょうか?

1つ目は高校入学から卒業までに履修した科目の成績平均点、「GPA」を見られることになります。

Grade Point Average、成績平均点の略です。日本では、国語、数学、英語など特定の科目に重きをおきますが、GPAは「すべての成績の平均」です。

言い換えれば、英語や数学だけでなく、スポーツや芸術の授業も一生懸命取り組んで、良い成績を取る必要があるわけですね。

「当たり前」ですが、卒業まで学校の授業のどれからも気が抜けないのは大変ですよ。

GPAの他、「人間性」が見られます

高校を卒業するまでの間、課外活動である生徒会や、ボランティアにも積極的に参加して、「自分」がどういう人間か「アピールできるポイント」を増やさなければなりません。

海外の高校に卒業目的で留学して卒業後に海外進学を考えるなら、高校の先生に相談することから始めます

高校卒業後、大学で何を学びたいかを伝えれば、卒業までの間に高校でどんな科目を履修しておくべきか教えてもらえます。

ちなみに海外の高校は日本と違い、多くの科目を自分の意思で選択します

卒業資格に必要な科目、自分の意思で選べる科目などさまざまですが、卒業した後に海外への進学を考える場合は、ひとつひとつ高校の先生に相談した上で決めましょう。

卒業が近づいたら、できる限り早く出願に必要な書類を揃えて出願します。

認定留学をした後に帰国、それから高校を卒業した後に海外進学を目指す場合でも、ここまでは同じ。

お待たせしました、高校留学をするメリットはここから

早速どんなメリットがあるのか見てみましょう。

  1. 身についた高い英語力でコース開始に求められる語学要件
  2. 受け身ではなく、積極的な勉強方法が身についていること
  3. 勉強方法が分かるから、成績も自然に良くなります

それぞれ内容を見てみます。

その1 英語力についてのメリット


卒業目的で海外高校に進んでいる場合、海外の大学では高い語学力が必要となりますが、その点は問題ないはずですね。

その2 講義への参加方法を知っているメリット


次は高校卒業後、大学に入学してからの話。海外の高校での「授業の受け方」に慣れていることも、卒業目的での高校留学経験者の大きなメリットです。

海外の大学では「講義を聞くだけ」では単位はもらえません。

海外の高校の授業と同じように自分の意見を主張・討論をし、プレゼンテーションを行うものもあります。

日本の高校でもこうした授業が増えているようですが、日本の高校卒業後にいきなり本場海外で実践するのは難しいですね。

その3 良い成績が期待できるメリット


「積極的な講義参加」ができれば、「大学での成績が良くなる」こと、これが最後のメリットです。

大学の成績が良ければ、卒業後に大学院に進む場合でも、就職をするにしても有利になりますよ

ビジネスシーンでの自己主張ができる、これは国際化社会で活躍するための基本的なスキルですが、大学でも役に立つわけですね。

認定留学後に日本の高校卒業後、海外進学する場合にも留学中に身についた英語力は大いに役立ちます。

留学経験のない高校生が卒業後に海外の大学を目指す場合、最初に高い語学の壁にぶつかりますから。

日本の高校での成績などで大学入学の許可が出ても、語学力がなければ大学での講義は受けられません

英語コースに半年から1年通うなんて当たり前。だったら、高校生で卒業までの間に認定留学しておく方が良い、ということになりますよね。

卒業目的での高校留学する場合でも、認定留学後、日本の高校を卒業する場合でも、海外進学をしたい場合に抑えるポイントは以下の2つ。

  • 「高校の授業をどれも積極的に受け、GPAを稼ぐ」
  • 「課外活動として生徒会やボランティアなどアピールポイントを増やす」

入学テストがない海外進学での出願では、この2つが最も重要。

最後に卒業目的で高校留学する場合にはもう1つあります。

「大学進学可能な卒業資格を取得する」


「高校卒業資格」がなければ、そもそも出願ができません。

日本の高校と違い、卒業資格を取得することも本当に大変です、頑張りましょう。

留学経験があって高校卒業後に、進学留学を目指す場合の説明は以上…ではありません。

もし高校卒業までに希望する大学が提示するGPAが取れなかったら、あきらめるしかないのでしょうか…?

安心してください、ちゃんと他のルートがありますよ。

高校卒業後に海外進学を考えるなら、知っておくべきなのが、

「カレッジなどの基礎教養を学べる機関への進学」という選択肢ですね。

大学編入プログラム、などの名前で呼ばれますが、高校留学経験者が卒業後に海外進学をする場合に大きなメリットがある留学です。

海外には、大学で学ぶべき基礎教養の科目を勉強できる、学術機関が存在します。

それが国によって「カレッジ」や「TAFE」、あるいは「ポリテクニック」と呼ばれています。

高校卒業後に海外進学を考える人は絶対に知っておくべき学校ですね。

早速、具体的にどんな学校があるか見てみましょう、といっても数え切れないほどの学校があるので…

世界でも特に人気のある大学、およびその基礎教養を勉強できる学校と、そこで「1年間、留学生が最低限履修しなければならない単位をとって、シェアアパートなどに暮らした場合にかかるであろう授業料と生活費の合算額」を、私が見やすく比較表にしてみました。

長いその説明は何?と思うかもしれませんが、「1年(正しくは学期間である10ヶ月です)、この学校に参加したら“最低でも”これくらいかかる」費用、だと思ってください。

基礎教養を学べる機関 編入したい大学
アメリカ シアトルセントラルカレッジ
約230万円
ワシントン大学
約550万円
カナダ ランガラカレッジ
約270万円
ブリティッシュコロンビア大学
約540万円
オーストラリア TAFE NSW
約280万円
シドニー大学
約530万円
ニュージーランド クライストチャーチ工科大学
約240万円
カンタベリー大学
約340万円

どの国の学校も世界大学ランキングに掲載されていたり、留学生からの問合せの多い学校を選びました。

例えばアメリカ、ワシントン大学は「UW(ユーダブ)」と呼ばれる人気校であり、高校卒業後に出願するには大変なGPA(ほぼ満点)、その他のアピールポイントが必要となります。

もしそれらが高校卒業までに満たせそうにない場合は、シアトルセントラルカレッジという「コミュニティカレッジ」で2年間、基礎教養を勉強、その後に大学編入を狙うことも可能。

2年後、カレッジを卒業する際に、「カレッジでのGPA」次第でUWへの出願ができます。

高校卒業時の成績ではないのがポイント、ですね。

その他もう1点、注目すべきは「費用」、大学はどれも非常に高額ですよね。
高校卒業時のGPAが大学側の要件を満たしていても、予算の関係から、卒業後にあえてカレッジに進み、費用を抑える、といったことも可能です。

高校卒業後に海外進学を目指す場合の補足ポイント

「高校でのGPAがだけであきらめず、海外進学にチャレンジしてみよう!」


夢があるなら、倒れるにしてもその方向に。高校卒業後にカレッジへ、そしてカレッジ卒業後に大学編入、というルートも検討してみてくださいね。

最後に、国内、海外それぞれの大学出願の準備に関するお話です。




どの時期に何が必要?高校卒業後の進路について知るべきこと



留学をして高校を卒業した後の進路、日本国内での大学進学、海外進学についてそれぞれ紹介してきました。

最後は高校卒業後、大学入学のために必要な「出願手続き」について、具体的に、どの時期に何をすべきか、見ておきましょう。

1.高校卒業後、国内大学へ出願、準備をする時期


認定留学をした後に日本国内の高校を卒業後、希望する日本の大学に出願するのは日本の高校の先生との3者面談後、AO入試が利用できるよう頑張りましょう。

気になるのは海外の高校を卒業した後に帰国後、国内の大学へ進路を考える場合。

最初に紹介した卒業目的の高校留学後だから利用できる、「帰国生枠入試」の手続きですね。

高校卒業後に進学を希望する大学の帰国生枠に関する出願要件を確認、準備を進めなければなりません。

多くの大学で帰国生としての出願時に提出を求める主な書類は以下。

  • 出願用紙
  • 成績表
  • 卒業見込書
  • 推薦状

ポイントはこれらを「大学側に確認」してもらう必要があること。

大学側の募集要項が発表される時期に急ぎ書類を確認、サンプルを現地高校に作成してもらってできるだけ早い時期に「書類不備がないか」、確認してもらいます。

急ぐ理由は2つ。

  1. 書類の訂正が入る可能性
    「卒業見込書の内容を変更してください」などの指摘が大学から入ることがあります。そこから現地高校に依頼、完成を待つわけですから時間を要しますね。できるだけ早めの時期に依頼したいものです。
  2. 担当の先生が不在になる可能性
    同じく「卒業見込書」の訂正を依頼し、担当の先生が書き直してくれたものの…校長先生がいない、などのパターン。時期によって会議や出張でいないこともしばしば。

本当に起こりうることです、できるだけ早い時期に書類チェックは済ませましょう。

もし6月時期が卒業となる国に高校留学する場合は、準備の時期も早めですが、帰国時期に必ず必要部数だけ書類を用意してもらうこと。

高校を卒業後、帰国した後に連絡しようとしても、現地は夏休み時期、先生も基本的にいません。

「卒業後に帰国した後、書類を紛失した」「卒業後に進学を考えていた大学以外を希望する」などの理由から「現地高校に各書類を急いで作ってもらいたい」と連絡をもらったことがありますが、夏休み時期に「無理なものは無理」、ですから。

これ、絶対覚えておいてくださいね。卒業後の進路に関わるとても重要なポイントです。

年末時期に卒業を迎えるオセアニア留学の場合は、「入試のための一時帰国」の申し出を早い時期に学校スタッフに申し出ておくこと

「卒業後のための大学入試があるので帰国します」と突然言っても、無断欠席になる可能性もあります。

早い時期に日程を確認し、できるだけ早い時期に学校に伝えることを覚えておきましょう。


2.高校卒業後、海外進学を考える場合


高校卒業後に海外進学を目指す場合、各大学出願の締め切り時期に注目します。

締め切り時期を逃して出願したら1学期、場合によっては1年、高校卒業後から大学入学まで時間がぽっかり空くことになりますよ。

基本的には、ぎりぎりまで出願を受けてくれるRolling Admissionタイプの大学と、出願期日が厳しい大学の2つ。

9月、秋学期からのスタートの大学で、出願期日がある場合、その年の1月中旬の時期が締め切りになっている大学もあるので注意しましょう。

締め切りが1月時期なら、その前年の秋時期までには出願書類を用意しておきたいところです。

例外として、海外の高校卒業後に「音楽や美術系の大学」を目指す場合、早めの時期に「現地大学・またはスカイプでのオーディション(音楽やダンス)など」や「これまでのポートフォリオ(作品集)」を作成、期日までに提出する必要があります、ご注意を。

その他に日本の大学との大きな違いとして、「入学時期は年に1度だけではない」ことが挙げられます。

国や大学によりますが、1年を2学期、3学期または4学期に分け「どの学期からでも入学が可能」な大学もあります。

(すべての大学ではないので、必ず事前に確認が必要です)




高校卒業後の国内・海外への進路と、それぞれいつの時期までに、何をしておくべきかのご案内はここまで。

特に卒業目的の高校留学をする場合には、覚えておくべきポイントですね。

高校留学をした後の卒業後の進路について、しっかり案内をしてくれる高校留学エージェントで一度、カウンセリングを受けておくと良いです。高校留学のメリットが見えてきますから。

高校留学は学校選びから卒業後の進路まで、すべて説明ができる高校留学エージェントを選びましょう!


高校留学で進路も広がることが分かったら、復習のためにもこちらへ

高校留学の費用を調べよう!

「今」高校留学をするメリットとは?

失敗しない高校留学のために

高校留学をした後の進路とは?

PAGE TOP